マイナンバー(国民総背番号制)がやって来る!

いよいよ平成28年1月よりマイナンバー制度がスタートします。

赤ちゃんからお年寄りまで、住民票を有する全ての方に対して一人一人番号(12桁)のマイナンバーが付与されます。

本年10月以降に各市区町村より住民票の所在地へ、皆様のマイナンバーが送付されて来ます。

マイナンバーはあくまでも年金、医療保険などの社会保障や確定申告などの税金の手続き等に限定されて使用されるものですが、勤務先の会社や証券会社、保険会社などが手続き代行のためマイナンバーの提出を求めてくることもあります。

個人情報の保護に関しては、「なりすまし」などの不正が起こらないよう厳密な本人確認の義務付けや利用範囲の法律での限定を行います。

さて、マイナンバー制によって企業はどう変わるのでしょうか?
  1. 従業員のマイナンバー管理など、各種規約の整備も含めて個人情報のより厳密な管理体制が必要となります。
  2. 行政事務の簡素化により企業の総務経理事務の合理化が進み、間接部門をが言う委託するアウトソーシング化が進むでしょう。
  3. 企画、営業や業務スペシャリストなど、より会社の直接部門に携わる人材が必要となってくるでしょう。
私は、この3つの変化を予想しています。

社会保険労務士法人横浜労務プロネットでは、就業規則、給与規程などの各種規定や給与計算業務、新規採用の支援などを行っております。

ぜひご検討下さい。

代表 高久靖人